今回は自分の「短所」の見つけ方と、

短所をどのように履歴書に書けば良い印象を与えられるかについて

考えていきたいと思います。

 

まず、短所を書くポイントは、マイナスの印象ばかりが

大きくならないように気を付けることです。

 

短所を書くときに大切なことは、

長所に言い換えてフォローできるものを取り上げることです。

その上で、短所ではあるけれど、それが良さにもつながることを伝えて、

ポジティブな印象を与えるようにします。

短所をそのまま短所として書いてしまい、

「集中力がない」「飽きっぽい」など、

ネガティブな言葉だけで終わらせてしまうと

採用担当者の印象が悪くなるので注意が必要です。

 

また、応募するバイトに不利なるような短所は、書かないことが鉄則です。

例えば、職種が接客業なのに「人見知り」、

データチェックの仕事なのに「大ざっぱでがさつ」では、

本当に仕事を任せられるのか、採用担当者も不安になってしまいます。

 

そして、短所を書くときには長所に言い換えられるものを書いていきます。

例えば

「おせっかい」だったら「面倒見が良い」とか

「わがまま」だったら「自分の意見をはっきりと言える」とか

「いい加減」だったら「細かいことにとらわれない」など

ポジティブに捉えることを意識します。

 

そして、最後に履歴書に書くときには

「長所」→「短所」→「短所のポジティブへの変換」の順番に書いていきます。

そして、内容には自分の体験したできるだけ具体的な出来事を入れると

さらに採用担当者によい印象を与えることができるでしょう。

 

履歴書の「長所・短所」で採用する側が知りたいのは、

その人が「どんな人なのか」ということです。うまくまとめて、

自分をPRしていきましょう。

札幌市 中央区札幌市 中央区その他の保育士転職求人募集情報
好印象を与えるアルバイトの履歴書の書き方(長所編)

関連記事一覧

稼げるだけじゃない! お金以外に得られるもの。

「短期間でお金をたくさん稼ぎたいなぁ~」 「お金も欲しいし、得したい!」 なんて、欲張りなことを考えているアナタ。 上手な掛け...

好印象を与えるアルバイトの履歴書の書き方(長所編)

バイトに応募しようと書き始めた履歴書で、 思わず手が止まる「長所・短所」。 「短所ならいくらでも思いつくんだけど、長所は何と書けばいいのかな...

アルバイトの良いところと悪いところ

最近は学生がよくアルバイトをしていますよね。 私が高校生の時はアルバイト禁止だったので、 大学に入ってからアルバイトを始めました。 なぜ学生...